両者の比較

指でつまんでいるカプセル

ミノキシジルとプロペシアはともにAGA治療薬として有名で、日本だけでなく世界的にも愛用している人は大勢います。
日本でもAGA治療をおこなっているクリニックから処方してもらえますので、AGAによる薄毛や抜け毛に悩んでいる方はぜひ覚えておきましょう。
では、ミノキシジルとプロペシアはどこが違うのかを見ていきましょう。

ミノキシジルもプロペシアも、当然ですがAGAを治療・改善するという効果は同じです。
しかし、そのためのアプローチ方法が違うので知っておきましょう。

まずミノキシジルですが、元々は高血圧患者の治療に用いる血管拡張剤として開発された医薬品です。
血管を拡張させることによって血圧を低下させることが目的だったのですが、その副作用として、使用している最中に全身の体毛が濃くなる患者が続出しました。
こうした多毛症によって発毛効果が発見され、これ以降はAGA治療薬として使用されることになったのです。
ミノキシジルは血行を良くする薬ですので、これによって毛根全体へ栄養が行き渡りやすくなり、発毛サイクルを正常な状態に戻して薄毛や抜け毛を阻止してくれているのです。
内服薬・外用薬ともにありますが、内服薬は効果が出やすい反面、副作用も出やすくなっています。
外用薬は直接患部に塗布するため、塗り方にムラがあると場所によって効果が偏ってしまいますし、頭皮がかぶれるなどの副作用もあります。
それぞれの特徴を理解したうえで使用するようにしましょう。

一方、プロペシアですが、こちらは内服薬として開発されているAGA治療薬です。
AGAの原因のひとつと言われている男性ホルモンの増加を抑制するはたらきがあります。
薄毛・抜け毛の原因に直接アプローチして解決してくれるAGA治療薬となっているので、発毛サイクルを改善させるミノキシジルとは違うアプローチ方法になります。
プロペシアも優れた効果を発揮してくれるのですが、性欲低下や勃起不全などの副作用も確認されていますので注意しましょう。